止め打ち

蒼天の拳 双龍 止め打ち 釘

イメージ:蒼天の拳 双龍 止め打ち 釘

止め打ち

 
開放パターンは2通り
右点灯 超ロング1
左点灯 ロング・ロング

一つの止め打ち方法で対応可能

  • 最後の開放閉まる前に3発
  • 小デジが動いたら一旦止める
  • 一拍置いて3発打つ(超ロングなら4発でもいい)
  • 繰り返し

 
前半20回転は高速消化のため、ヘソ保留が残っている場合は喰われやすいので、打ち出し数を多めにして対応した方が良い。
ロングに4発、超ロングに7発ほど打ち出せますが、後半からは打ち出しを極力減らすように

アタッカー

 
4R目からは上アタッカーで消化され、オーバー入賞が狙えます。
左に行くのを恐れずやればそこそこ乗せられますが、本機においてはヘソが埋まってしまうのは危険なので軽めに捻っておくぐらいでいい
下アタッカーは分岐で左に向かった玉でもアタッカーに向かう可能性があります。

 

リアルボーダー

 
右削り無しなら上記止め打ちで、等価17.7付近
最近のにしてはかなり甘い部類

 
寄りは良好だがヘソ付近が辛めな印象。ステージは普通
スペックは甘いがへそ3発返しなのでそこそこの開きは必要。
右釘はそんなにいじるお店はないと思われる。

感想

 
高確率時の当選率の高さや、前半が高速消化&電チューに向かわない(分岐左)場合が多々あるため、通常時のヘソの埋めすぎに注意したいところ。
通常時の演出バランスがめちゃくちゃなので判断が難しいが…。
通常速度は普通
 
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

コメント