止め打ち

仕事人 5 総出陣 甘デジ 止め打ち 設定 釘

イメージ:仕事人 5 総出陣 甘デジ 止め打ち 設定 釘

小当りラッシュ

・打ちっ放しで、液晶真ん中に主水出現で止め

ラッシュ突入時打ち始め

・大当り終了後、主水さん話切ったと同時に打ち出し

・「三途の川〜」の時は少し早めに。

確変or時短

釘にもよるが、運良くアタッカーに向かえば割と増える可能性がある、今時のにしてはかなり増えます。確変と時短で打ち方を変える必要あり


確変中の止め打ち

・小当りアタッカー開く一拍前に2発リーチ中以外は繰り返し


時短中の止め打ち

・図柄が変動開始するぐらいに2.3発


図柄が止まった時に1/1.1?で小当りアタッカーが開くのでそこを狙っていく感じで、確変中は回転速度が一定の為狙いやすく、上記の止め打ちで増えます。時短中はバラツキ有りリーチがかかるとリーチ終了後まで開かない増えない場合は、小当りアタッカー先の1球返しポケットがマイナスか分岐ですね。その場合は望薄

アタッカー

・下アタッカーの捻りはしなくていい

・上アタッカーは腕の見せ所(ミドルからの変更点は無いと予想)


通常時右打ち

恐らくakbと同じで小当りラッシュ直行の振り分けが無いはず。もしかしたらあるかもしれない。

甘デジなので、保留貯めるのは1、2個ぐらいにしておき、小まめにやる感じがいいです(当たったら無駄になる)


右は下アタッカー手前の分岐次第です。左はヘソデカめというよりかは、全体的に綺麗に見えなかったら足りないと思います。ハカマとヘソ下げに注意したい


まとめ

色々あるので設定は見抜きやすい部類メインアタッカーが下になったのはかなり痛い所
今だに仕事人だけは3からずっと好きだ

コメント